Apple Pay(クレジットカード)は便利だが自制できないと危険

こんばんはー。

今回はApple Payについて思ったことを。

チャージが簡単すぎる

Apple Payはあらかじめ登録したクレジットカードを使用して決済できる電子マネーですが、iPhoneでの決済が簡単すぎる。。

私はiPhoneでSuicaのアプリを使用していて、そのチャージをApple Payで設定していますが、チャージの作業は「1タップと指紋認証だけ」で非常に手軽となっています。便利ですが、ついつい使ってしまう原因にもなっています。

指紋認証1回でチャージ

その為、いつも残高が少なくなったらすぐ足しちゃうんですよね。危険危険。

他には有料アプリの購入やゲームの課金。これらも「パス1回の入力」だけでチャージ出来てしまうという仕様。自制ができない人にとってはホント危ないもんです。

買いすぎ・後悔を防ぐには

支払い予定額を確認する癖をつける

クレカの使いすぎはやはりコレ。クレカを沢山使っていると自覚してしまうと、支払い金額を見るのが怖くて確認することが出来ないことありますよね。

怖いけれども・・この後もっと怖いことにならないように確認する癖を付きましょう。アプリを活用すると簡単に確認できるようになったりするので、クレジットカード会社のホームページを調べてみると良いです。

例えば楽天カードであればアプリで支払額を簡単に確認することができますね。

出来るだけ現金を経由して決済する

Suicaであれば駅にあるチャージ機、Apple store等ではプリペイドカードを現金を使ってチャージしましょう。

利便性は大幅に下がりますが、多くの現金が失っていることを自覚することが出来ると思います。多分・・。

皆様もクレジットカードの使いすぎには注意しましょう~。

おわり!