音楽CDを使ってWindows Media playerでWAV,MP3へ取り込み(変換)する方法!

こんばんは! たかなし( @jiyu_sukinamono )です。

音楽CDをレンタルする方が多く、PCにmp3ファイルを取り込む機会が多いと思います。
今回はiTuneではなくWindows Media Playerでの取り込み方法を紹介していきます!

iTunesを使用して取り込みしたい場合は以下の記事を参考にしてみてください。

iTunesでCDから音楽(mp3,WAV)ファイルを取り込む方法【初心者用】

取り込み手順は簡単!

Windows Media Playerを開き、音楽CDを挿入して、出力設定⇒処理で完了するため、約1~3分程度で完了することが出来ます。
開始前にWindows Media Playerを開いておきましょう!

MEMO
Windows Media Playerのショートカットはデフォルトで無いため、Windows10の左下の検索窓に「WMP」と入力すると出てきます。

  1. CDドライブに音楽CDを挿入します。




  1. Windows Media Playerの左側のメニューにある「CD」を選択し、上部メニューの「取り込みの設定(E)」をクリックしましょう!





  1. 取り込みの設定のメニューから、「形式(F)」を選択し、ファイル形式(MP3,WAV)を選択します。


mp3について

mp3とは音響データを圧縮するための技術の一つですね。その中でも最も一般的な形式であり多くの場所で使用されています。またファイルサイズもそこまで大きくなく、音質の劣化も気になるほどではありません。
iPhone等の音楽プレイヤーで超高音質にこだわらない人に向いています。
<ファイルサイズ:1曲10MB前後>

MP3(エムピースリー、英語 MPEG-1 Audio Layer-3)は、音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマットでもある。ファイルの拡張子は「.mp3」である。

引用元:mp3-wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/MP3

WAVについて

WAVも同様で音声データのフォーマットです。
mp3との違いは、無圧縮で高音質であることです。mp3はCD本来の音質から圧縮しているため音質の劣化は多少はありますが、WAVでは圧縮されていませんのでCD本来の音質を楽しむことが出来ます。
ただしその分容量が大きいため、容量の少ない音楽プレイヤーでは向いていません。音質にこだわりたい方にオススメです。

<ファイルサイズ:1曲50MB前後>

WAVまたはWAVE(ウェーブ、ウェブ) (RIFF waveform Audio Format) は、マイクロソフトとIBMにより開発された音声データ記述のためのフォーマットである。RIFFの一種。主としてWindowsで使われるファイル形式である。ファイルに格納した場合の拡張子は、.wav。

引用元:WAV-wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/WAV




  1. 次に「音質(U)」を選択し、データ転送レートを選択します。MP3の場合、192Kbps以上がオススメです。WAVは1411kbps固定になりますので選択不要です。





  1. ここまで設定できたら、「CDの取り込み(I)」をクリックすると、取り込みが開始されます。





  1. 取り込みが完了したら、上部のメニューから「取り込みの設定(E)」を選択し、「その他のオプション」を押しましょう。「音楽の取り込み」メニューから取り込んだ音楽を保存する場所を確認し、データの所在を確認します!





  1. 該当のフォルダを確認すると、音楽データファイルがあります!これらのデータをお持ちの音楽プレイヤーに保存しましょう!



CD取り込み方法まとめ

音楽CDのファイルは、Windows Media Playerを使用すれば簡単に取り込めます。
mp3とWavファイルは悩むかもしれませんが、容量に余裕があれば両方とも取り込むことをオススメします!

参考になりましたら幸いです。

おわり!