【完全版】無料VirtualBoxで仮想OSを起動する方法!ゲームの複数起動やアプリの検証に

Virtualboxで仮想OS(Windows10)を起動する方法をご紹介したいと思います。

VirtualBoxを使用すればWindows10のOSを仮想化出来るため、ゲームの複数起動やアプリケーションの検証などに使用することが出来ます。

<必要なモノ>

  • ある程度のスペック以上のPC
  • Windows10のIsoファイル
  • VirtualBox本体(無料)


注意

・仮想OSにはある程度のスペック以上のPCが必要です。最低でもメモリ8GB以上、Corei5以上、オンボード以外のビデオカードが欲しい所です。ノートパソコンは非常に厳しいです。
・重いゲームは基本的に動きません。ブラウザゲームや低スペックゲームであれば動作するものもあります。

Windows10のISOファイルをダウンロードしよう

MEMO
既にダウンロードしている方は次の項へ進みましょう

仮想OS用のOSファイル(.iso)をダウンロードする必要があります。OSファイルはMicrosoftの公式ホームページからダウンロードできます。

  1. 下のリンクよりWindows10の公式ホームページへ飛び、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックし、ファイルをダウンロードしましょう。


Windows 10 のダウンロード


  1. ダウンロードしたファイルを実行すると、以下の画面が表示されます。
    今回はISOファイルを使用するため、下の「別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD,またはISOファイル)を選択します。


言語、アーキテクチャ、エディションの画面は、そのままでOKです。

使用するメディアは、下の「ISOファイル」を選択下さい。

ここでISOファイルのダウンロードが開始されます。おおよそ4GBをダウンロードするためしばし待ちましょう。ダウンロードが完了したら次にVirtual Boxのダウンロードとインストールを実施します!

Virtualboxのダウンロードとインストール

  1. 下のリンクよりVirtualboxの公式ホームページへ飛び、「Windows Installer」をクリックし、ファイルをダウンロードしましょう。


Virtual Box ダウンロード公式ホームページ


  1. 手順に従い、インストールを実施しましょう!

VirualBoxの設定と起動まで

ここからはVirualBoxの設定とWindows10の起動を行います。
前項にて、WindowsのisoファイルとVirtualBoxがインストールされていることを確認してください!

  1. virtualBOxを起動し、左上の「新規(N)」ボタンをクリックします。


  1. 名前とオペレーティングシステムでは、名前を入力します。任意でも良いですが、「Windows10」と入力するのをオススメします!





  1. 次に仮想OSに割り当てるメモリーサイズを設定します。Windows10の場合、メモリは4GB以上を設定しましょう。2GBの場合、動作が非常に重くなる可能性があります。
    多ければ多いほど良いですが、メイン用のWindowsのメモリを残しましょう。


<オススメ設定表>
PCの搭載メモリ通常使い用ゲーム用
4GB2GB- (推奨しません)
8GB4GB4GB
16GB4GB8GB
32GB8GB16GB




  1. ハードディスクは、「仮想ハードディスクを作成する」をオススメします。
    (削除するときに楽に削除できます)





  1. ハードディスクのファイルタイプは、VDI(virtualbox Disk Image)で良いです。





  1. 最後にファイルの場所とHDDのサイズを設定します。ファイルの場所は仮想OSの仮想ハードディスクの保存場所を示します(①)。任意の場所で良いですが、仮想ハードディスクの容量以上の空き容量があるディスクを選びましょう。
    仮想ハードディスクのサイズは、大きければ大きいほど良いですが、HDDの空き容量を考慮して決定しましょう。


注意
仮想HDDのサイズは最低50GB以上をオススメします。最低30GBあればOSをインストールできますが、Windowsのアップデート等により容量がすぐに埋まる可能性があります。

<イメージ>

VirualBoxの起動とOSインストール、起動

ここまで来たらWindowsを起動します。

  1. ホーム画面にて、上のメニューから「起動(T)」を選択します。





  1. 起動ハードディスクを選択という画面が表示されたら、「Windowsのisoファイル」を選択しましょう!





  1. Windowsのインストール画面が表示されます。最初の設定はそのままで「次へ」を選択しましょう。





  1. Windowsのプロダクトキーの入力を求められますが、この時点では「プロダクトキーがありません」を選択します。今後使うことになりそうであれば後でプロダクトキーを購入し、認証しましょう。





  1. インストールするオペレーティングシステムを選択します。ここでは後ほどプロダクトキーを購入するタイプにする必要があるため、「Home」もしくは「Pro」になります。





  1. インストールの種類では、下の「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)を選択します。上を選択してもインストールが出来ません。





  1. Windowsのインストール場所を選択します。ここでは先ほど作成した仮想HDDにインストールするため、選択肢は一つしかありません。選択して次へを押しましょう。




  1. Windowsのインストールが開始されます。全てのインストール及び起動時の設定が完了すればWindowsが起動できます。


VirtualBoxの削除方法について

VirtualBoxをアンインストールしたい場合は、ホーム画面の対象の仮想OSの上で「右クリック」⇒「除去(R)」を選択します。

以下の画面が表示されますので「すべてのファイルを削除」を選択しましょう。
これで仮想HDDも削除され、仮想HDD分のHDDの空き容量が戻ります。

参考になりましたら幸いです。
おわり!