TSA対応”カードキー式”キーロック(南京錠)は鍵式よりオススメ。スーツケースやキャリーケースにどう?

こんばんは。

スーツケースやキャリーケースで使ってる人がいると思います。キーロック(南京錠)です。
南京錠は鍵式のタイプが一般的ですが、今回はカード式のものを購入してみました。

一部のスーツケースやキャリーケースにはカードキー式のタイプもありますが、結構調べた結果最低でも3万以上かかるものが多くなかなか手が出せませんでした汗

カードキー式の南京錠って?


カードキー式のメリットといえばやはり紛失しにくいところですね。
一般の鍵式の場合、キーケースがなければ鍵をもち歩かないといけません。しかしカードキー式であれば財布の中に一緒に収納できるので無駄な荷物が必要なく、かつ、忘れたり無くしたりしにくくなります。

以上より出来ればカード式の南京錠を選びたいところですね。

購入したカード式南京錠を使ってみた

今回購入したのはこちらのコンサイスのTSAカードキーロック。価格も1000円台と安めです。

南京錠とカードキーはこのようなモノが梱包されています。
カードキーはスペアを含め2枚入っていました。
南京錠にある鍵穴はTSA用なので鍵は同封されていません。TSAについては以下を参考。
参考 TSAロックとは??スーツケースやトランクケースの選び方

カードの穴が空いている部分をIn方向に差し込みます。さらにIN方向へ差し込むとキーが解除されました。電気式ではないのでカッコよさはありませんね。

使用例は以下のような感じ。ファスナーの穴を通して南京錠でロックしています。

カード式南京錠まとめ
カード式の南京錠のメリットはやはり財布に収納できるというところです。是非購入を検討してみて下さい!

たかなし

財布落としたら終わりですけどね・・。

おわり!