【簡単に】格安Simに移行するポイント・注意点などを紹介してみる!

こんばんは~!

今回は最近流行りの格安Simについてお話したいと思います。

格安Simとは名の通り格安料金で使用できるSimで、大手3社より比較的安い月額料金で使用することが出来ます。

格安Sim関連記事は長ったらしくて読むのがしんどかったので、今回は簡潔にポイントを紹介していきたいと思いますー!ちなみにiiJ Simを3年半使用しています。

あくまで私個人の意見なので他にも気にしなければならないところはあるかもしれませんので、参考までにして下さいね~。

どういう人が格安Simに適しているのか?

  • 月額料金をとにかく抑えたい人
  • 通話し放題がいらない人(通常の電話をほとんど使わない人)
  • 使用予定の端末を持っている or 月サポ無しで端末を購入しても良い人
  • 通信がたまに不安定でも良い人

移行前の確認事項

  • 格安SIM使用予定の通信業者はどこにするか?(Docomo/Au/SoftBank)
  • 購入or使用予定の端末はどこの通信業者が使用できるか?(Docomo/Au/SoftBank/ Simフリー)
  • 契約しようとしている格安Simの業者は、使用する端末に対応しているか。
  • Simのサイズは何か?(Micro SIM/Nano Sim等)
  • ナンバーポータビリティ(MNP)の使い方を事前に把握しているか。(契約前にキャリア側で申し込みが必要な場合がある)
  • 格安SIM業者はどこを選択するか?業者によってプランや料金、繋がりやすさや速度は様々。

注意点

  • 通話し放題プランを契約しない限り、通話料金は従量制
  • 通信速度が遅め、繋がりやすさも大手キャリア3社に劣る
  • @docomo.ne.jp等のキャリアのメールアドレスが使用できなくなる。
  • キャリア決済が使用できなくなる
  • その他キャリアが提供しているサービスが受けられなくなる可能性がある。
  • 端末購入時の月サポが無いので、端末購入代金は割高になる可能性がある。

オススメしたい理由は?

  • 2年契約などに縛られない。
  • とにかく月額料金が安い(半額以下になることが多い)
  • ネットサーフィンくらいなら特に使用には問題ない(時間帯による速度低下は有り)
  • Simのカードを追加できるサービスがある。(複数端末で通信を楽しめる)
  • 業者によっては通信速度を意図的に制御することが出来る(高速/低速モード)。これにより通信容量を抑えたりできる。

オススメの業者は?

IIJ MIO

→ 私が3年半使用している業者。不満は今まで無し。

UQモバイル

→ Simの中でも通信速度がNo.1を誇る。対応SimはAUのみなので注意。

LINE Mobile

→Lineが通信量無制限。

契約する際は、注意事項や契約内容を必ず確認してから契約するようにしましょう!

おわり!