価格はがっかり?一般向けSurface Goは税抜64800円から!スペックは?発売日は?

廉価版のSurfaceがついに発表されることで一部(?)で盛り上がりを見せていたSurface Go

先ほど正式に発表されました。予約は7月12日からで発売が8月28日です。
⇒発売されました!

[先日の記事] 低価格($399~)のSurface! Surface Goが発表!性能は?他との比較は?
先日の記事では、最安値が$399とのことで44000円ぐらいを予想していたのですが、
日本での一般向けPCの価格は 64800円(税抜) とのことで少々高めの価格設定となりました。

ツイッター等のSNSの反応を見たところ、海外では$399という低価格設定だったのにも関わらず、日本では64800円(税抜)だったことにがっかりしているようです。
また一般向けPCはOfficeが搭載されているのですが、Officeを無しにする選択権がなく、無駄にOffice代を払わないといけないところもダメなようです。一般向けでofficeを使う人は限られてきますから。Office無しにして安く購入したいところです。

正式発表は以下のリンクより。
参考 【SurfaceWindows Blogs

スペックはほぼ先日の発表通り

今回発表されたスペック及び価格は以下の通りです。
先日から、価格・OS・Officeの有無が追加されました。

一般向けPCには、Microsoft Officeが搭載されており、一方,法人向け・教育機関向けには搭載されていません。

液晶サイズ10インチ
価格(税抜)一般向
64800円 / 82800円

法人向
52800円 / 70800円

教育機関向け
47800円 / 65800円
重量約520g
厚さ8.3mm
プロセッサIntel Pentium Gold Processor 4415Y
(2コア 4スレッド 1.60 GHz)
カメラフロントカメラ:8mp
リアカメラ(内側):5mp
メモリ4GB / 8GB
SSD64GB / 128GB
プリインストールOffice有 (一般向のみ)
OSWindows 10 Home (一般向け)
Windows 10 Pro (教育機関/法人向け)

支払い価格はいくらぐらいになるのか?

いくつかパターンで支払価格を見てみましょう。

①メモリ4GB,SSD 64GBで十分!だけど、surface go用のキーボードは欲しいなぁ という場合

本体価格 64800円 + Surface go Signature タイプカバー 15400 円 = 86616円(税抜80200円)

②メモリ8GB欲しいし、SSD 64GBじゃ足りない。Surface go用のキーボードもないとダメ という場合

本体価格 82800 円 + Surface go Signature タイプカバー 15400 円 = 106056円(税抜98200円)

③付属品もいらないからとにかく安く買いたい!という場合
本体価格 69984円(税抜64800円)

どうでしょう?やはりSurface買うならSurfaceにマッチしたキーボードが欲しいですよね。その場合、最低価格でも86616円以上が必要になりますね。

まとめ

コスパを除くと、本体重量520gと持ち運びにも便利で、その他は文句の付け所がありません。
さすがにゲーム向きではありませんが、ネットサーフィン・動画閲覧・文書作成では効果を発揮してくれるPCだと思います。

是非、参考になりましたら幸いです。

それにしても、ストレージ64GBにOffice有りだと空き容量がほとんど無くなってしまいますねー・・。今回は購入見送りかな。

おわり!