【ZNT AirFits】AMAZONで人気の「完全ワイヤレスイヤホン」使ってみた!レビュー&評価

今回は、Amazonにて購入した「完全ワイヤレスイヤホン ZNT airfits」についてご紹介したいと思います!

他のワイヤレスイヤホン、「Pasonomi (TWS-X9)」の記事はこちら!
Amazonで安価で人気の完全ワイヤレスイヤホンPasonomiを購入したのでレビュー

完全ワイヤレスイヤホンって?

全ワイヤレスイヤホンとは端末とイヤホンをBluetoothで接続するコードが一切ないワイヤレスイヤホンです。
普通のワイヤレスイヤホンよりは安定性やバッテリー容量は劣るものの、コードが絡まったり、首に違和感があることがないので、快適度は非常に高いですね。

     ワイヤレスイヤホン
    完全ワイヤレスイヤホン

私がZNT AirFitsを選んだ理由

現在、完全ワイヤレスイヤホンは多くのメーカーから発売されています。代表的な商品では、SonyのWF-1000X、BOSEのSoundSport Free wireless headphonesなどがあります。WF-1000Xはノイズキャンセルがあるということで購入を検討していましたが….

たかなし

 たかっ!  

これではなかなか手が出ません。そこで見つけたのがZNT AirFitsです!

上記2つのワイヤレスイヤホンは1万後半~2万円台に対し、こちらは5000円程度で初めての完全ワイヤレスイヤホンに手が届きやすい価格となっています。Znt Airfitsの最大連続使用時間は3時間ですが、ケースにバッテリーが備わっており、本体を収納することで充電することができる優れものです。

Znt Airfitsのレビュー

付属品

付属品はイヤホン本体(両耳=2個)・イヤホン収納ボックス・Micro-USBの充電器です。

外観

収納ケースは全体黒色で蓋がパカパカ開くタイプであるため、使用していない時は防水・防塵出来ます。ケース後部にはAndroidや様々な電子機器に使用されているMicro-USB端子ですね。

            上から
          後ろから

ペアリング方法

  1. 接続する端末のBluetoothをONにする。

  1. 左側(※1) のワイヤレスイヤホンを長押しし、イヤホンの電源をONにする。その際「キャリィ」と声が聞こえるまで長押しすること。(電源がONの場合は、一度電源を落としましょう。)ボタンを長押しすると、機器とペアリングするためのモードに入ります。

  1. 機器とイヤホンのペアリングの設定です。端末側のデバイスに「ZNT Airfits」が表示されるため、タップします。

  1. 接続が完了すると、「~ Connected」と音声が聞こえます。

MEMO
左のワイヤレスイヤホンがメインのようです。左のワイヤレスイヤホンと本体が接続され、その後左のワイヤレスイヤホンと右のワイヤレスイヤホンが接続されます。従って片方のイヤホンで聞くときは左側のイヤホンを使う必要があります。?

接続が完了したら、端末側で音楽を流すとイヤホンから聞こえるようになります。再生中のボタン操作は以下の通りです。

  • ボタン1回押し ・・・音楽の再生/停止
  • ボタン長押し  ・・・イヤホン本体の電源ON/OFF

ZNT Airfitsの良いところ・悪いところ

最後に、良いところ・悪いところについて正直に書いていきたいと思います。

良いところ

  • 5000円以下で安価
  • 音質はそこまで悪くない。むしろ完全分離型にも関わらず良いと感じる
  • イヤホンをケースにしまうと、自動的にbluetoothが切れてくれる。
  • イヤホン端子がない携帯でも使用できる。

良くないところ

  • 次、前の曲への操作及び音量調整がイヤホン本体ではできないため、本体を操作する必要がある。
  • 稀に音が途切れる場所がある。

耳からの落下について

半年間、週5日間(40分x2往復 / 1日)ほど使用しましたが、ほとんど落としたことがありません。落とした時は、しっかり装着されていなかったことが原因でした。

Bluetoothの接続切れについて

私自身満員電車には乗らないので、満員電車での接続はわかりません。電車内が人で埋まるくらの程度であれば、切れることはほとんどありませんでした。
地方都市や都会では使用していないため、分かりません。

※いつの間にかZNT AirFitsの新型が出ていたようです。

※7/11追記 サポートも充実!不具合の対応は良好◎

ZNT airfitsⅠの新型が出たということで、早速買ってみましたが一部の環境下(外)で使用すると音切れが激しくなるという事象が起こったため、Amazonの販売者に対して確認のメールを送りました。

翌日にメールの返信が来ており、音切れ時の対策案が詳しく記載された内容のメールが届きました。
対策を実施しても治らなかったので再度問い合わせしたところ、<strong”>新しいZnt AirfitsⅠを購入するクーポン(全額)を頂き、再度購入させて頂きました。

結局再度届いたZnt airfitsⅠでも音切れが止まらなかったので、「返金対応」ということで、購入金額を全額返金して頂きました。 (返品の送料もメーカー負担)

一部の環境下のみでの音切れだったので購入者の責任かと感じましたが、返金対応していただき非常に感謝です。これなら、安心して購入が出来そうです。

Twitterでのコメントなど

https://twitter.com/sakamn/status/967715182754410496

たかなし

5000円以下で使用に支障がないものが手に入り、本当に良かったです。

おわり!